屋根工事・外壁塗装

紫外線・雨・風などの厳しい環境下におかれている屋根や外壁。
住まいを守る大切な部分なので、元々丈夫に作られていますが経年劣化は避けられません。

定期的なメンテナンスを怠り、劣化部分を数年放置してしまうと、たちまち下地材や躯体にまで影響が…。
建物内部にまで被害が及んでしまうと、工事費用もかさむため、日頃から屋根・外壁部分に異常がないかチェックすることをオススメします。
ひび割れや塗装の剥がれなど、劣化症状が見られる場合は、当社までご相談ください。

こんな症状は塗り替えのサイン!

□ 外壁を触ると手に白い粉がつく
□ 窓のまわりにひびや隙間が見られる
□ 細かいひびが壁に入っている
□ 壁に水をかけると、はじかずに水が染みこんでいく
□ 目地材が切れたり、ひびが入っている
□ カビやコケが繁殖している
□ 塗膜が剥がれている

こんな屋根・外壁リフォームはお任せください

■塗装工事

塗り替え時期の目安は、およそ10年と言われています。
塗装の本来の目的は、強い塗膜を形成し建物の耐久性を高めること。
その塗膜の機能が落ちてしまうと、建材の腐食や雨漏りにつながりますので、適切な時期に塗り替えを行いましょう。

■屋根補修・葺き替え

屋根補修は、安心・快適な暮らしをしていくうえで欠かせないもの。
屋根の劣化具合に合わせて、補修を行います。
劣化がひどい場合や築年数が古い場合は、葺き替え工事がオススメです。
古い屋根を全て取り払い、新しい屋根に付け替える工事なので、野地板などの下地部分までしっかり補修することができます。
昭和56年以前の瓦屋根であれば、助成金の対象となることもありますので、まずはご相談ください。

■外壁補修・張り替え

外壁にひび割れやシーリングの劣化等の症状が見られたら、すぐに外壁補修を行いましょう。
そのまま放っておくと雨や湿気が入り込み、内部からどんどんと建物を弱らせていきます。
耐久性・耐候性を考慮しながら、施工法を決定していきますので、まずは症状とご要望をお聞かせください。

一覧ページに戻る